視聴者はひとりの視聴者であるべきか、"視聴者"であるべきか

※そもそも〜!

大前提として、本稿の結論からすればこんなお気持ち表明記事は出さない方がいい。でもなんとなく、どこかでこの感情を言語化しておきたかったので、備忘録的な形で記すことにする。

あくまでこれは個人の意見であり、絶対の強要を強いるものなんかではないし、そもそもこれから述べる考え方が通用しない領域もあることは承知している。それを踏まえて、読んでいただければと思う。

もう一度だけ言うが、個人の意見である。


〇「視聴者さんどうしでの会話はお控えください」

Vtuberを、とくに配信をするVtuberを見ている人であれば、この文言を見たことがある人は非常に多いと思う。配信という場において、コメント欄の治安を良く保つために掲示されていることが多い一言だ。

私はこの注意書きの内容には「その通りだ」と感じている。本質的に、配信に行く目的は「配信者を見に行くこと」であって、「視聴者どうしでコミュニケーションをとること」でないことが多いからだ。

もちろん、視聴者どうしが親睦を深めるのを容認している配信もある。REALITYの配信なんかがその典型で、身内で集まってコメント欄どうしで会話を弾ませることもあるし、IRIAMなんかはコメント欄どうしにメンション機能がついていたりもする。

ただ、今回の焦点はYoutube、あるいは身内感をウリにしていないVtuberの配信ということにする。

とは言ったものの、視聴者どうしが完全に関係性のない存在であるということはありえなさそうだ。おはツイにはみんなでリプをしてるし、FAがあればいいねRTして、切り抜きや創作物があれば、あるいは本人よりはやめにいいねだけはしておいたり、リプをしたり、なんてことが日常的に起こっていることだろう。なんならTwitterではリプを送りあっていたり、ファン鯖があれば日常的に交流がなされているかもしれない。

でもだからといって、それを配信しているVtuberの前でやるのはちょっとどうなんだろう、というのが根幹になるモヤモヤしたところだ。多分この後何回も言うことになるとは思うが、各Vtuberによってスタンスは違う。だから一概にこうだ、と言い切ることができないのはもちろんわかっている。


たとえば、配信者が答えようとしているものに、コメント欄が先立って答えてしまうというものがある。

これは私が経験した例だと、YoutubeではないがREALITYのある配信で、配信者がクイズをしている枠に入ったことがあった。しかしどうやらクイズは1周してしまったようで、その配信者さんと仲が良かったこともあり、2回目、あらためて問題を出してもらったことがあった。

しかし、(この辺はちょっとだけ記憶が曖昧なのだが)クイズの解答をすべてある視聴者がポンポンと解説していってしまったのだ。私が答えたあとだったのでクイズの主旨が崩壊するようなことではなかったが、配信者との対話を楽しみにしてきた、言い換えれば「お前と話に来たわけじゃな」かったので、すごく不快な思いをしたことがある。(そのあと、配信者さんにその旨をやんわりと伝え、その視聴者さんには解説はしないようにしてもらった。)

こんな感じで、配信者に向けられた質問や言葉を視聴者が横から拾って答えてくることがある。答えるとは言わなくても、リアクションが返ってくることがある。基本的には配信者と視聴者のコミュニケーションを阻害しているように感じる、例えるなら「キャッチボールの途中で急に現れてボールを取り、投げ返してくる」ような感じだ。ただ、「投げたボールをキャッチして配信者に向かって投げていく」タイプのコメントもある。話題の開始点のコメントから派生しつつも、向かっていく先は配信者になっているようなものだ。これについてはそんなにというか、ほとんど悪い感じはしない。

ただ、配信者に向けられているのか、いまいち境界線が曖昧なものもある。たとえば、「これって今なにしてるんですか?」というコメントがあったとする。これはおそらく聞く人によって「配信者が答えるのを待っている/答えようとしている」、「コメント欄が答える/答えるのを待っている」という、どちらのパターンも想定できるだろう。ただ、この両者に共通するのは良心によって回答してくれているだろう、という点だ。とはいえ、その配信者のスタンスによって異なることは確かで、一概に「どちらがいい」とは断言できない。

これは「初見さんいらっしゃい」文化にも言えることだろう。「リスナーあったかいね」となる人もいれば、「私を見に来たリスナーだ」となる人もいる。これもまた配信者のスタンスによって変わることは確かだろう。だが、このコメントについては数回視聴した、まだ「新規リスナー」くらいに分類されるような人から飛び出してくることが結構ある。自分が少し先輩というか、古参になれたような気がして嬉しいのだろう、なんて邪推する。とはいえ、配信に来てまだ日が浅いことから、「その配信者のところでは初見さんいらっしゃい文化がない」ということにあとから気づく、みたいな事故も起こりうるだろう。(これを事故のようなものだと認識しているかどうかもまた個々の視聴者によって違ってくるが)


これと似た感じで、「よう見とる」文化もあまり好きではない。私的には、同じコメント欄にいればスパナがついていようと同じ視聴者である。もちろん、配信者との親密度の差はあるから、コメントを優先的に拾ったりとか、大きなリアクションをしたりとかみたいなことはもちろんなんとも思わない。

「よう見とる」を仮に容認するとして、それ以降にその活動者に向かっていろいろと話しかけるのは、好きじゃないという次元どころか、「無理」だ。

なんかこう、たとえばAという配信者のもとにBという人物がコメント欄に現れたとして、「Bさんもようみとる」「Bさんこんにちは〜!」みたいなコメントはまだ許せる(なんなら大手箱でも定型化して見られる)。ただ、「さっきまでAがBのこと〇〇って言ってましたよ!」みたいな、いわゆる伝書鳩ではないけど近距離で伝書鳩をぶん投げるような行為はコメント欄をそっ閉じしたくなる。

「さっきまで〇〇って言ってたの秘密にしておくね」みたいに間接的に誘導していくような形であればそんなに不快感はない。あくまで会話が配信しているAを通して行われるような、そんな形が私は心地よく感じる。


散々例を挙げてきたが、要するに「コメントは配信者に向けて送るもの」というのがおそらく私の信念なんだと思う。その形さえ保たれていれば──、いや、その形を保ちつつ、セクハラや嫌がるようなコメントでなければ、単体としての視聴者その人に不快感を覚えることはないんじゃないかな、とは思う。



△△さんのファンって


何年かVtuberを追ってきて、やっぱり各Vtuberでファンの色は違う。「ガチ恋が多い」とか「プロレスしがち」とか、そういうのもあるし、「ちょっと怖い」とか「あんまりファンだと表明しないけど、雰囲気であの人のファンだとすぐわかる」みたいなものもある。(この4つはどれも某企業のライバーについて)

とどのつまり、それぞれの配信者にいわゆる「暗黙の了解」のような雰囲気みたいなものがあるのだ。これこそ別に強要されるものでもないが、「半年ROMれ」的な文化が適用されるのもこのあたりなんだろうとは感じている。

新規層が流れてくると、それまでの雰囲気はけっこう簡単に変わってしまう。企業勢みたいな大きいところだとそんなこともないかもしれないが、個人勢の小さいコミュニティだと意外と激しい。時間が経って慣れた視聴者がプロレス気味の立ち回りをしていることもあるが、いつもはガチ恋っぽい立ち回りをしているようなところでも、「あ、この人はいじっていいんだ」みたいな新規がどんどん流れていくことで、「いじってもいい人の枠」みたちにステレオタイプ化してしまうこともある。そして今例にあげたこの例はだいたい良くない。いわば「愛のないいじり」であったり、あるいは「文脈のないいじり」であるからだ。

古参と新規に優劣があるとは思っていない。ただ、事実として古参の視聴者は新規視聴者よりも枠の雰囲気、配信者の喜ぶこと/喜ばないことについてはある程度"知っている"のだ。かといってそれを新規に押し付けるようなことをするわけではない。自治厨がいちばん厄介な存在だとわかっているからだ。

こういうのは、あまり犯人探しをするべきトピックではないとは思う。新規視聴者も悪気があって、それまでの雰囲気に反するコメントをしてしまうわけではない。……はずだ。そこに関しては完全に配信者の裁量だし、視聴者がとやかく言う必要は、──少なくとも表では──、ない。

しかし明らかに逸脱しているとなると、話は別なんじゃないか、と思う。

コメント欄の雰囲気というのは、良くも悪くも目立つ人に左右されやすいものだと思う。先日もとある配信者のゲーム配信に行ったが、そこではスパチャの音声読み上げがONになっていた。そこに、1人の視聴者が、おそらくコメントの度にスパチャを投げ、コメントを呼んでもらっている。別に悪いことではない。然るべき対価を払って、その恩恵を得ているのだから。ただし、良かれ悪かれ、その視聴者は印象に残る。あげくは、(私はその人を日頃から見ていたのでそうでもなかったが)コメント欄全体の雰囲気として取られかねない。全体が並のコメントであっても、突飛なコメントがあればそれがあたかも総意であるかのように取られてしまう。それは良い方向に作用するかもしれないし、意図していない、本来とは違う、悪い方向に作用するかもしれない。「△△さんのファンって」と、一緒くたにされるのは、残念ながら常である。

コメントの内容どうこうに続いて、枠の雰囲気との合致(あるいは不合致)についても一家言を述べてきた。本来こんなことは、視聴者が気にする話題ではないのかもしれない。でも、おこがましい、いやおこがましすぎる言い方だが、確立されたコメント欄の雰囲気が、「居心地のいい場所」であることは確かなのだ。


1人の視聴者か、有象無象の「視聴者」か


ここまで思案をめぐらせた結果、自分の特性についてもわかってきた。私はおそらくストレス耐性が低い。ネットの毒のある言葉にはすぐあてられるし、ちょっとえっちなアカウントに長文リプを送るオジサンを見ると拒否反応が出る。そこはもう、どうにかして改善していくほかない。

だから、それを踏まえれば、究極的な解決策としては「コメント欄を見ない」「自衛(ブロック/ミュート)する」ことがあげられる。実際、これらはすごく効果的だと思う。画面上に文字がないだけで意外と心がスっとする。

でも、そういう雰囲気から逸脱する人がいる、というのは配信を見ていれば、コメント欄を見ていなくても自ずとわかってしまう。というか音声情報として現れてきてしまう。それは仕方ないことと諦めるしかない。

私はきっと、配信者を嫌いになるのではなく、コメント欄が嫌いになって出ていくタイプのオタクだ。新しい風にあてられて、懐古に浸って消えていくようなオタクだ。

そして何となく、ここまでの内容をまとめてみた結論がどうなるかがわかってしまって、少し自己嫌悪になっている。


いわば、

「後方腕組み杞憂民」

だ。


ここまで一視聴者としての自分本位で語ってきたが、でもどこかで配信者の心を不安視している。そんないらない憂慮が背景にあることに気づいてしまった。

どうにかしてこれは克服しなければならない。でも、もしこれを読んでくれた人に、いや、「なにかしてくれ」とは言うまい。いや、言えまい。

「なんか、こんな考えの人もいるんだな…」というのが伝われば、あるいは響けばそれでいい。


最後に、ここまでの内容は個人的な意見であり、他の人に強要するようなものではない。あくまでこれは備忘録的な記録である。

私はここに綴られた言葉を見て、自分の中にある厄介オタクに呆れ顔しながら、きっとこれからもVtuberを見続けるんだろう。